個人情報流出に備える LINEヤフーも明日は我が身 |福岡の刑事事件相談、水野FUKUOKA法律事務所

福岡の刑事事件に強い弁護士

初回相談無料 092-519-9897 24時間、即時無料相談対応
メールでのお問い合わせはこちら

個人情報流出に備える LINEヤフーも明日は我が身

日本人の多くが利用しているYahoo!とLINEが、個人情報流出で揺れている。

 

 

個人情報保護は、現代の企業活動を行うに当たって極めて重要である。これはYahoo!のような大企業にかかわらず、中小企業にも当てはまる。個人事業主も他人事ではない。もちろん我々弁護士事務所もしかりである。

一度流出した情報を回収することは不可能であるから、いかに流出を未然に防止するかが肝心である。しかし、Yahoo!ですら流出するくらいなのであるから、その気になれば大抵の会社には流出のリスクがあるということである。

中小企業において情報流出のリスクを高める要因はいくつか存在する。特徴的なものをいくつか挙げてみる。

1 経営者によるITへの無理解

経営者がパソコンのセキュリティについて理解しておらず、不正アクセスなどによって情報が流出することはしばしばみられる。現在のPCでは、昔ほどウイルス対策を意識的に行う必要はなくなりつつあると言われているものの、やはり最低限の防備は行っておくべきだろう。ホテルのWi-Fiや、ひどいところだとコンビニのWi-Fiで従業員に仕事をさせているような会社は未だに散見される。

2 アナログ

紙媒体で情報を管理していたところ、カバンごと紛失するといったことも時折みられる。パスワードを書いた付箋をPCのディスプレイに貼っているなど、もはやネタでしかない。

3 裏切り者

意外に多いのは、従業員が意図的に情報を持ち出すといった悪意ある人間による情報流出である。また、そこまで悪質なものでなくとも、例えば業務に関する会話を私的なLINEで行うとか、エレベーターの中で顧客の話をするなどといった、従業員の意識の低さから情報流出につながることもしばしばである。

 

こうした情報流出を防止するには、技術的な方法によりセキュリティのレベルを高めると同時に、情報を取り扱う人間の側も手当てしなければならない。根本的な対応として、重要な情報にアクセスできる人間を限定することも重要である。例えば、一蘭のラーメンのレシピは、麺やスープなどそれぞれアクセスできる人間が厳密に管理されており、レシピを模倣して偽一蘭を作ることのできる人間が発生しないようにしているという。

情報へのアクセスを制限することは、不正競争防止法による保護を受ける上でも重要になってくる。

情報流出には、技術的な脆弱性があることが多いものの、実際には情報を取り扱う人間に問題があることも同じくらい多いと言える。そういう意味では、個人情報保護というのも、多くの他のコーポレートガバナンスと同様であると言える。

ちなみに、多くの保険会社では、企業賠償責任保険の特約として、個人情報漏洩特約を設けている。保険会社によって呼び方や保証範囲は多少異なるものの、個人情報流出に伴う損害をカバーする保険である。顧客の個人情報を多数取り扱う会社は、一度保険の見直しをしてみることをおすすめする。

【絶対的権力は絶対に腐敗する】ジャニーズ調査報告書を読んだ感想【圧倒的独裁者】
https://youtu.be/vO2WJwqkOCU
※ダイジェスト版 【絶対的権力は絶対に腐敗する】ジャニーズ調査報告書を読んだ感想【圧倒的独裁者】
https://youtu.be/wA52q3FW8dU

事務所ホームページ

刑事事件特設サイト
https://mfuklocriminaldiffence.com/
医療事件特設サイト
https://mfuklomedical.com/
離婚事件特設サイト
https://mfuklorikon.com/
Twitter
https://twitter.com/mizuno_ryo_law
Instagram
https://www.instagram.com/mizuno_ryo_…
お問い合わせフォーム
医療 http://u0u0.net/YcJ9
刑事 http://u0u0.net/TIMP
交通事故 http://u0u0.net/WaqQ
離婚 http://u0u0.net/wtgL
債務整理 http://u0u0.net/RZH3
その他 http://u0u0.net/UNfR
LINE登録無料 https://page.line.me/mizunofukuoka

 

 

その他のコラム

続報 持続化給付金詐欺 の判決まとめ3 不可解な地域差 20210703

はじめに 一般の方や、全国で持続化給付金不正受給の弁護人をされる先生方の参考になるよう、持続化給付金の判決について、分析を続けているところ、前回の記事から、さらにいくつかの判決に関する情報を入手した。 これまでの過去記事は以下をご覧いただきたい。 続報 持続化給付金詐欺 の判決まとめ2 20210616 【速報】 持続化給付金詐欺 の判決まとめ 20210429 前回から約半月であるものの、これまでの傾向...

続報 持続化給付金詐欺 の判決まとめ2 20210616

はじめに 前回、こちらの記事で、令和3年4月28日までの報道記事や判例データベースをもとに、持続化給付金不正受給に関する裁判例の傾向を検討した。その後、約1カ月半を経過し、裁判例がさらに集積されてきたので、続報という形で新たに情報提供を行うこととする。 更新後の一覧表をこちらに掲載する。数頁にまたがっていて見にくいのはご容赦願いたい。 また、判決言渡しの時系列順に並び替えたので、前回の一覧表とは順番が前後して...

非監護親による子どもの連れ去りと未成年者略取罪

ネット上で、子どもの連れ去りと未成年者略取罪について、激しい誤解があるようである。今回は、誤解の大きな最判平成17年12月 6日刑集59巻10号1901頁について、原文に当たりながら検討してみたい。 1 原判決及びその是認する第1審判決並びに記録によれば,本件の事実関係は以下のとおりであると認められる。 (1) 被告人は,別居中の妻であるBが養育している長男C(当時2歳)を連れ去ることを企て,平成14年...

仙台弁護士会横領事件 弁護士会で横領が発生するメカニズムを考える【明日は我が身】

  仙台弁護士会において、事務職員が会の経費約5000万円を横領したとして起訴され、内3500万円の横領が認定されて、懲役4年6ヶ月の実刑判決を受けるという事件が発生した。   https://news.yahoo.co.jp/articles/29cf18ffc8b7976374f9a06695aa9f728e80c436   約3500万円横領 仙台弁護士会元...

共犯者同士の弁護人 「真に恐るべきは、有能な敵ではなく、無能な味方である」

「真に恐るべきは、有能な敵ではなく、無能な味方である」とはナポレオンの格言とされる。味方にこそ要注意ということだ。 これは刑事事件においても変わらない。 例えば、ある事件について共犯者AとBが起訴されているとする。AとBが同じ弁護士に依頼してきた場合、(1)依頼を受けてもよいか、(2)依頼を受けるべきかというテーマがある。 (1)については、「一律に禁止されていない」というのが一応の回答である。このため、特に...

刑事事件はスピードが命!
365日24時間即時対応

24時間即時無料相談対応 092-519-9897 弁護士が直接対応 六本松駅から好アクセス

メールでのお問い合わせはこちら